センサーで災害現場を捕まえる「サキモリ」

未然に災害を予測するためには、現場に設置された様々なセンサー情報を発災前に把握しておくことが重要だ。このシステムはフィールドサーバとして実績のあるeSOLl社のAGRinkServerを活用して、現場の雨量計や土壌水分計や水位計などの様々な情報センサーと接続し、瞬時にスマートフォンやパソコンにデータを送り状況を確認するシステムです。

当会の評価と将来性

すでに商標登録された一つの商品で、栃木県大田原市への導入実績がありますが、これを応用すれば、災害だけでなく、農業、農村においての活用場面はいろいろと考えられます。今のシステムはユーザー目線に立って、重厚なシステムとして作り上げていますが、もっと安価で簡易なシステムへの援用も考えられるのではないかと思います。

最終パンフ
トップページに戻る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ページの使い方

はじめに、このページ使い方を以下で説明します。

使い方

会員登録の方法

会員登録が分からない方は、以下で会員登録申請から承認、ログインの方法を説明します。

使い方

用語解説

理解しにくい用語を以下で解説します。

今後、用語は増やしていきます。

用語解説

趣旨に賛同していただいたICT技術集団

  1. 私の親が山形市内の農家出身で、子供の頃から良く山形に行って遊んでおりまし…
  2. 宮城県仙台市にあるイマジックデザインです。ソフトウェア開発、CG,VRコンテンツ 制作を20年行っ…
  3. アイサーク株式会社の佐々木と申します。当社は平成20年に設立され、東京都台東区に本社を置くIT関連…
ページ上部へ戻る