nousonouen一覧

  • 楽ちん多面ソフト勉強会にて

     7月10日、埼玉県川越市の北部地域ふれあいセンターにて、山田田園環境保全推進グループ主催の、楽ちん多面の勉強会に講師で呼ばれました。  研究会としても、楽ちん多面が、現場でどのように使われているのかについて知り…
  • どこをどうすれば地域は活性化するのか?

    −「予言の自己成就」から地域づくりを考える− 福与徳文(茨城大学)  どこをどうすれば地域は活性化するのか? この問いに答えるために、この講義では、社会学のとっておきの概念である「予言の自己成就」を用いて、…
  • ゲスト講義 開講

     7月3日、「お知らせ」しましたように、明日から「ゲスト講義」を開講いたします。  本研究会の目的と役割は、農村づくりを推進している全国の地域リーダーの皆さん、市町村や都道府県の職員、また、農村づくりを側方、後方…
  • 楽ちん多面研修会 in みつけ

     昨日、令和2年7月2日、一般社団法人「農村振興センターみつけ」の事務所において、多面事務局の皆さんにお世話になり「楽ちん多面」の研修会を開催させていただきました。  これは、昨年11月、山形県で開催された「令和…
  • 令和2年度版「楽ちん多面」についての質問

     令和2年度版「楽ちん多面」が6月10日より発売・更新開始となり、現在購入申し込みを受け、郵送での発送を進めているところですが、その中で、ご利用者からいくつかの質問や問題点の指摘を受けておりますので、それに対する回答を…
  • 農村づくりの技法(6)

    6.地域づくりプロセスの進め方 (1)関心の段階の進め方  地域住民の地域環境に対する意識を啓発し、環境を感じ取る感性を向上させるためには、住民ひとり一人が身近なところから地域について関心を持つことが大切で…
  • テロワール

     フランス語に「テロワール」という言葉があります。ワイン好きの方はご存じであると思いますが、「風土の、土地の個性の」と訳される言葉です。日本語で無理に当てはめようとするから、薄っぺらく感じますが、実質はそうとう奥深い言…
  • 本物のワークショップを

     5月25日をもって、10回に渡って連載してきた講座「ワークショップをしよう」が完結しました。昨年の2月12日に初回を書いてから1年3か月もかかったことになります。最初の段階では、7回程度の予定で、大方の原稿もできてい…
  • 【ついに発売開始!】令和2年度版の楽ちん多面

    「楽ちん多面」ユーザーの皆様、また、今年度より、新たに「楽ちん多面」を使って事務を簡素化しようと計画している組織の皆様。「楽ちん多面」の令和2年度版の発売・更新お待たせいたしました。 いよいよ、令和2年6月10日…
  • 家政夫のトクジ

     私は、退職してからは、家事全般を大方やらせてもらっています。家内が学習塾の講師をやり始めてから、もうかれこれ20年近くになりますが、その間、退職前も退職後も、家事の半分は私が分担しています。特に、ここ10年は、家内は…

ページの使い方

はじめに、このページ使い方を以下で説明します。

使い方

会員登録の方法

会員登録が分からない方は、以下で会員登録申請から承認、ログインの方法を説明します。

使い方

用語解説

理解しにくい用語を以下で解説します。

今後、用語は増やしていきます。

用語解説

趣旨に賛同していただいたICT技術集団

  1. 私の親が山形市内の農家出身で、子供の頃から良く山形に行って遊んでおりまし…
  2. 宮城県仙台市にあるイマジックデザインです。ソフトウェア開発、CG,VRコンテンツ 制作を20年行っ…
  3. アイサーク株式会社の佐々木と申します。当社は平成20年に設立され、東京都台東区に本社を置くIT関連…
ページ上部へ戻る