アーカイブ:2020年 4月

  • 生命・安全・安心の自給力

     私は、元々は農業土木が専門で、農業水利施設の水理学的安全性や圃場からの土砂流出の問題などの研究をやっていたのですが、研究を始めて10年経った頃、ある事件がきっかけで、農村計画の研究を始めました。どんな事件だったかにつ…
  • パブリックフットパス

     新型コロナウイルスの問題が発生してから、不要不急の外出を控えて、自宅での待機が続いているため、体を動かすことでストレスを解消することができず、むしゃくしゃしている方も多いことでしょう。今はある程度は辛抱するしかないの…
  • ワークショップをやってみよう(9)

    7.重ねて見えてくる農村の将来像  地理情報システム(GIS)は難しいと言えば、確かに難しいものです。その難しさはアプリケーションの扱いの難しさ、いわゆる操作の難しさと、地理に関するデータを収集する難しさがあり、…
  • テレワーク

     新型コロナウイルス対策において、とうとう「緊急事態宣言」が発出されました。  不要不急の外出を自粛し、密閉、密集、密接の3密を避け、人と人との接触も8割削減という要請が、正式に国民に対してなされた訳です。一国の…
  • 木っ端役人

     奈良県の遷都1300年祭の年だったと思うので、もうかれこれ10年前になると思いますが、ゲージツ家の篠原勝之さんと農村づくりの関係でご一緒したことがあります。  愛称なのか通称なのか分かりませんが、「クマさん」と…
  • 令和2年度に向けて

     日々、 農村づくりに勤しんでおられる地域リーダーの皆様、農村集落住民の皆様、当研究会会員の皆様、いかがお過ごしでしょうか。  昨年末辺りから少々不穏な動きはありましたが、新型コロナウイルスの感染拡大がこれほどま…

ページの使い方

はじめに、このページ使い方を以下で説明します。

使い方

会員登録の方法

会員登録が分からない方は、以下で会員登録申請から承認、ログインの方法を説明します。

使い方

用語解説

理解しにくい用語を以下で解説します。

今後、用語は増やしていきます。

用語解説

趣旨に賛同していただいたICT技術集団

  1. 私の親が山形市内の農家出身で、子供の頃から良く山形に行って遊んでおりまし…
  2. 宮城県仙台市にあるイマジックデザインです。ソフトウェア開発、CG,VRコンテンツ 制作を20年行っ…
  3. アイサーク株式会社の佐々木と申します。当社は平成20年に設立され、東京都台東区に本社を置くIT関連…
ページ上部へ戻る