アーカイブ:2020年 8月

  • 農業と5G

     国立研究開発法人農研機構では、農業者の生産性を飛躍的に向上させるためのプロジェクトとして、ロボット、AI、IoT等を活用したスマート農業の実証実験を、急ピッチで進めています。  昨日、今日始まったことではなく、…
  • 幽霊・妖怪、その類・・・(その二)

    山下裕作(熊本大学)   僕は民俗学で幽霊とか妖怪とかの研究(口承文芸研究)をしているわけではありません。ですが、小さなころから怪談が非常に好きでした。小学校の頃から給食の時間に怖い話をして同級生をふるいあがらせ…
  • 『エシカル』ってなんだ

     農林水産省と消費者庁と環境省が連携する「あふの環(わ)2030プロジェクト~食と農林水産業のサステナビリティを考える~」という取組が始まった。  これは、2030年のSDGs達成を目指し、次の世代も豊かに暮らせ…
  • A-FIVEの破綻

     ちょっと、時期的には遅れた話題となりますが、7月31日、農林水産省から「株式会社農林漁業成長産業化支援機構A-FIVEに係る検証報告」の報道発表がありました。その頃、一部の新聞に記事にもなっていたと記憶しています。 …
  • 幽霊・妖怪、その類・・・(その一)

    山下裕作(熊本大学)  こんにちは、熊本大学で民俗学を教えている山下裕作と申します。  変な題目をつけましたが、まあ、民俗らしいと言えば民俗学らしいですね。こうした摩訶不思議なもの、役に立ちそうにないもの、…
  • 幽霊はここにいる

     今年は、コロナの関係で、お盆の帰省をして良いのか、悪いのかよく分からないが、どちらにしろ、素直に帰ることは制限されてしまったようで、日本の古き良き時代の風習が、新しい時代の生活スタイルにかき消されてしまいそうで、なん…
  • (コラム)シャーマニズムが息づく東北被災地

    著作 福与徳文

    津波犠牲者の幽霊話 柳田國男『遠野物語』の第99話は、明治三陸津波の犠牲者の幽霊にまつわる不思議な物語で、粗筋は次のとおりです。

  • 農村づくりの技法(7)

    (4)理解の段階の進め方  地域の再発見が十分にできれば、次は、自分たちの地域づくりを適正な方向へと導くために、住民が行政や専門家等の支援を受け、知識や意見を取捨選択しながら、地域社会の現況や社会的情勢から予想さ…
  • 蝉の声

     最近、ようやくセミの声が聞こえてきた。セミの鳴き声は、気温が25度を超える頃、いわゆる夏日となる日が出始めると、羽化し、鳴き始めるとも言われていますが、私は、降水との関係が大きいと思っています。特に、今年のように梅雨…

ページの使い方

はじめに、このページ使い方を以下で説明します。

使い方

会員登録の方法

会員登録が分からない方は、以下で会員登録申請から承認、ログインの方法を説明します。

使い方

用語解説

理解しにくい用語を以下で解説します。

今後、用語は増やしていきます。

用語解説

趣旨に賛同していただいたICT技術集団

  1. 私の親が山形市内の農家出身で、子供の頃から良く山形に行って遊んでおりまし…
  2. 宮城県仙台市にあるイマジックデザインです。ソフトウェア開発、CG,VRコンテンツ 制作を20年行っ…
  3. アイサーク株式会社の佐々木と申します。当社は平成20年に設立され、東京都台東区に本社を置くIT関連…
ページ上部へ戻る