タグ:農村

  • 成人の日を考える

     地域の新成人が一堂に会して行う成人式の発祥は、昭和21年、埼玉県の現在の蕨市で開催された「青年祭」だと言われています。それが全国に広まるとともに、政府の進める祝日法立法の流れに乗り、昭和23年の法律の施行に当たり、1…
  • 農村に夢を描こう

    新年あけましておめでとうございます  本研究会の会員の皆様、農村づくりに携わる全国の皆様並びにホームページの読者の皆様には、旧年中、一方ならぬご厚情を賜り、誠にありがとうございました。  本年も、皆様のご…
  • 令和二年末 感謝の言葉

     こんにちは、農村づくり・ICT支援研究会、会長の山本徳司でございます。連続ブログ投稿最終日、そして今年最後の投稿です。  令和二年もあと4日となりました。今年はたいへんな年になってしまいましたね。年が明けると同…
  • 農村づくり支援のきっかけ

     今回は、私が農村づくり支援とその研究をはじめたきっかけについてお話することとにします。  国の研究機関でありました農業土木試験場に採用されてから3年が経った昭和59年4月から昭和63年9月までの4年半、私は、転…
  • 五感に訴える環境整備

     車でつくば市内を走っていると、先週あたりから、街中も綺麗に紅葉してきたみたいだ。筑波山の真っ赤に燃えるもみじや楓も美しいが、街中のイチョウやヤマボウシなどの並木道も捨てたもんじゃない。これらの紅葉を見ていると、私の師…
  • みどりの食料システム

     10月16日、野上農林水産大臣の記者会見で、大臣から「みどりの食料システム戦略」について、こんな発言がありました。農林水産省のホームページからそのまま転記しますと以下の通りです。  “農林水産大臣に就任して約1…
  • 多様な情報収集が農村づくり

     三重県の松坂市のうきさとという集落に、私の農村づくりの先生、養鶏農家を営む西井さんがいました。もう亡くなられて6年が経ちましたが、私が農村づくりでお世話になり、いろいろと勉強させてもらったのは、平成12年から5年ほど…
  • 地元研究家

     素人判断は良くないと言われる。新型コロナウイルスの問題でも、テレビや新聞で様々な情報が流されると、必ずと言っていいほど、その情報にプラスして、またはその情報の一側面だけに光を当てて、自分のちょっとした経験や周囲の取る…
  • 金髪に染めて

     今回は私の失敗談を一つ。農村づくりの研究に邁進していた30代後半のことです。研究を始めてから数年の日々が過ぎ、最も貪欲に文献を読み漁り、最も意欲的に現場を歩いていた頃のことです。  研究を始めた頃は、右も左もわ…
  • 生命・安全・安心の自給力

     私は、元々は農業土木が専門で、農業水利施設の水理学的安全性や圃場からの土砂流出の問題などの研究をやっていたのですが、研究を始めて10年経った頃、ある事件がきっかけで、農村計画の研究を始めました。どんな事件だったかにつ…

ページの使い方

はじめに、このページ使い方を以下で説明します。

使い方

会員登録の方法

会員登録が分からない方は、以下で会員登録申請から承認、ログインの方法を説明します。

使い方

用語解説

理解しにくい用語を以下で解説します。

今後、用語は増やしていきます。

用語解説

趣旨に賛同していただいたICT技術集団

  1. 私の親が山形市内の農家出身で、子供の頃から良く山形に行って遊んでおりまし…
  2. 宮城県仙台市にあるイマジックデザインです。ソフトウェア開発、CG,VRコンテンツ 制作を20年行っ…
  3. アイサーク株式会社の佐々木と申します。当社は平成20年に設立され、東京都台東区に本社を置くIT関連…
ページ上部へ戻る