タグ:農村

  • 地元研究家

     素人判断は良くないと言われる。新型コロナウイルスの問題でも、テレビや新聞で様々な情報が流されると、必ずと言っていいほど、その情報にプラスして、またはその情報の一側面だけに光を当てて、自分のちょっとした経験や周囲の取る…
  • 金髪に染めて

     今回は私の失敗談を一つ。農村づくりの研究に邁進していた30代後半のことです。研究を始めてから数年の日々が過ぎ、最も貪欲に文献を読み漁り、最も意欲的に現場を歩いていた頃のことです。  研究を始めた頃は、右も左もわ…
  • 生命・安全・安心の自給力

     私は、元々は農業土木が専門で、農業水利施設の水理学的安全性や圃場からの土砂流出の問題などの研究をやっていたのですが、研究を始めて10年経った頃、ある事件がきっかけで、農村計画の研究を始めました。どんな事件だったかにつ…
  • 木っ端役人

     奈良県の遷都1300年祭の年だったと思うので、もうかれこれ10年前になると思いますが、ゲージツ家の篠原勝之さんと農村づくりの関係でご一緒したことがあります。  愛称なのか通称なのか分かりませんが、「クマさん」と…
  • 令和2年度に向けて

     日々、 農村づくりに勤しんでおられる地域リーダーの皆様、農村集落住民の皆様、当研究会会員の皆様、いかがお過ごしでしょうか。  昨年末辺りから少々不穏な動きはありましたが、新型コロナウイルスの感染拡大がこれほどま…
  • 高齢化に対応した環境整備(6)

    (2)集落レベルにおける環境整備の考え方  最後に、以上の事例からの分析を踏まえ、高齢者の生活・生産上の問題点、課題、さらに生活ニーズ、属性にもとづいた快適な集落環境整備を進めるための考え方を整理しておく。 …
  • 吉浜をラッキービーチにしたリーダー

     私は、現役時代、大船渡市の吉浜地区で、農地復興計画の策定において、数人の仲間と、現場のお手伝いをさせていただいた経験があります。その時に、吉浜の明治三陸津波(明治29年)以来の取り組みにおいて、二人の素晴らしいリーダ…
  • 高齢化に対応した環境整備(5)

    5.高齢化社会における集落レベルでの環境整備方向  ここでは、集落レベルにおける整備方向について要約し、今後の展開の方向を探る。なお、集落レベルとは、集落空間、集落規模の地理的範囲を対象としているという意味である…
  • 関係人口

     皆さんは、『関係人口』という用語をご存知でしょうか。読者や会員の中には、そんなものとっくの昔に知っている、今更何をという方もあると思いますが、今日は、この『関係人口』についてお話します。  先ず、総務省のホーム…
  • 令和元年末 感謝の言葉

     令和元年も残すところあとわずかとなりました。日夜、農村づくりに勤しんでおられる地域リーダーの皆様、農村集落住民の皆様、当研究会会員の皆様も、お忙しい毎日をお過ごしのことと存じます。農村づくり・ICT支援研究会を主宰し…

ページの使い方

はじめに、このページ使い方を以下で説明します。

使い方

会員登録の方法

会員登録が分からない方は、以下で会員登録申請から承認、ログインの方法を説明します。

使い方

用語解説

理解しにくい用語を以下で解説します。

今後、用語は増やしていきます。

用語解説

趣旨に賛同していただいたICT技術集団

  1. 私の親が山形市内の農家出身で、子供の頃から良く山形に行って遊んでおりまし…
  2. 宮城県仙台市にあるイマジックデザインです。ソフトウェア開発、CG,VRコンテンツ 制作を20年行っ…
  3. アイサーク株式会社の佐々木と申します。当社は平成20年に設立され、東京都台東区に本社を置くIT関連…
ページ上部へ戻る