タグ:農業農村整備

  • 高崎駅前のクラブ

     かなりどうでもいい話かもしれないのですが、黙っていることができない話を致します。  以前より、いつかどこかで話そうとは思っていたのですが、夜の社交場での話なので、公開を躊躇っていました。先ずは、たいしたことのな…
  • 地域資源管理による農村振興(5)

    5.事業が担う知識サービスとは  かなり議論が発散してしまったようだ。今回は、「地域資源管理による農村振興」の5回目で、この特集はこれで最後するため、まとめに入って行きたいと思う。  この特集全体を通して伝…
  • 地域資源管理による農村振興(4)

    4.共有認知社会の形成に向けて  地域住民自身の地域への想いと地域の特性がしっかりと把握された上で、地域の空間が整備され、保全されることは、農業・農村にかかることではなくても、土地利用、インフラ、環境整備など、社…
  • とんとんとんからりんと隣組

     小学校の時、♪とんとんとんからりんと隣組♪と口ずさむと、何故か母に叱られました。そのうち、♪ド・ド・ドリフの大爆笑♪と同じフレーズだが替え歌を口ずさむと、また母に叱られました。「そんな低俗番組を見て」と。『ドリフタ…
  • 地域資源管理による農村振興(3)

    3.新しい時代の産業構造の読み方  堺屋太一さんは「文明を解く」という書籍の中で、産業を「モノ」と「コト」の扱い方の違いから分類する考え方を図4(一部山本修正)のように示しています。産業には、物材、所謂「モノ」を…
  • 時間降雨100mm

     屋久島が豪雨に襲われました。ニュースでも言われているように、50年に一度の記録的な大雨だそうで、6時間雨量では観測史上1位となる379mmを観測し、時間100mm以上降ったところも多発したという。私も縄文杉を見に足を…
  • 棚田の音の風景

     グリーンツーリズムや農業・農村体験等は、農村の豊かな自然や景観、農作業での触れあいを通して五感が刺激されることで、保健休養機能や教育的機能が発現されるということで、都市住民や国民に注目されています。都市住民の都市生活…
  • 31年度予算成立で考える

     一般会計総額が101兆4571億円で過去最大となる平成31年度予算案は2日未明に衆院本会議で自民、公明両党などの賛成多数で可決し、衆院を通過する見込みとなった。このまま行くと、予算の今年度内の成立が確定する。 …
  • 農業・農村に本当にICTは必要なのか

     皆さんは、U.S.A.という歌をご存知ですか。DA・PUMP(ダ・バンプ)という日本のグループが「♪カ~モンベイビ~アメリカ・・♪」と軽快にステップするパフォーマンスが受けて、昨年はNHKの紅白歌合戦にも出場したので…
  • ICT導入は身の丈に合わせて

     農業・農村へのICTの導入による農業改革は、これからしばらくの間は日本社会の大課題となるでしょう。これまで、農業・農村場面でのICTの活用は経済的な側面から他産業と比べてかなり遅れてきましたが、技術の低価格も進み、こ…

ページの使い方

はじめに、このページ使い方を以下で説明します。

使い方

会員登録の方法

会員登録が分からない方は、以下で会員登録申請から承認、ログインの方法を説明します。

使い方

用語解説

理解しにくい用語を以下で解説します。

今後、用語は増やしていきます。

用語解説

趣旨に賛同していただいたICT技術集団

  1. 私の親が山形市内の農家出身で、子供の頃から良く山形に行って遊んでおりまし…
  2. 宮城県仙台市にあるイマジックデザインです。ソフトウェア開発、CG,VRコンテンツ 制作を20年行っ…
  3. アイサーク株式会社の佐々木と申します。当社は平成20年に設立され、東京都台東区に本社を置くIT関連…
ページ上部へ戻る